事業内容

HOME > 事業内容 > プリント配線板設計(保有技術と取り組み)

確かな設計力がここにあります

●全設計者はプリント配線板設計技能士
●付加価値の高い最適な設計
●原価低減設計・ご提案型設計
●PWB製造プロセスを融合した設計

経験豊富な設計がお客様の製品をサポートします。

Allegro1 Allegro2 Allegro3 Allegro4 Allegro5

最適な設計をご提供するために

保有CADシステム

CR5000 BDCR5000 PWS
AllegroCADVANCE
MMCOLMO

ご希望されるCADシステムで設計します。

各種シミュレーション

●SI 伝送線路解析(Pre/Post)
●PI パワーインテグリティ
●EMC/EMI 解析・対策

短納期対応と設計スピード

平行分割設計による設計期間短縮

1つの基板を複数人で同時設計 大規模な設計品も短納期で対応可能です。

短納期設計

総pin数総Rats層数日数
例115,00011,00018約15日
例29,5006,50014約10日
例36,0004,0008約5日
※上表は2名による並行分割設計による実績となります。 設計仕様や条件により実績値が異なることをご了承下さい。

お客様にいち早くプリント配線板をお届けするために、最善の設計手法とスキルがあります。

様々な設計モデルをご提案

原価低減設計(VE提案設計)

●設計層数のダウン(例:10層→8層)
●両面実装→片面実装化
●IVH仕様→貫通仕様
●ビルドアップ仕様→貫通仕様

製品開発コストを軽減するための技術があります。

異種CADデータのI/F

●CR5000BD⇔Allegro 双互換対応
●VISULA→CR5000BD 互換対応

様々な設計モデルをご用意し、お客様のニーズにお応えし、製品開発をサポート致します。